通夜とは故人と縁の深い人が集まり、別れを告げる儀式です

通夜とは

故人とごく親しかった人たちが葬儀の前夜、

一晩中故人に付き添って最後の別れを惜しむ儀式です。
ここでは自宅葬を中心に解説します。

お通夜
しかし現在では

一般弔問客が日中の葬儀や告別式よりも出席しやすい通夜に弔問することが多くなったこともあり、

夏は午後7時、冬は6時くらいから2時間程度に時間をかぎって読経、焼香を行う半通夜が多く行われています。

密葬と本葬の2回葬儀を行う場合には、本葬の前日に通夜をします。
密葬の前夜は仮通夜となります。
また、本来の意味での通夜は本通夜の前日の仮通夜か、

本通夜の一般弔問客が引き取った後に行うことが多く、

現在でも、夜通し灯明といって、家族が線香の火を絶やさない、

昔ながらの風習を守る家も残っています。

 

祭壇の準備

祭嬉一の大きさは段数によって変わります。
普通よく利用されるものは3段~5段のタイプで、たとえば3段の祭壇に供花を飾ると、

約6畳のスペースがいつぱいになります。

葬儀社には小型の祭壇も用意されているので、部屋の広さを考慮して決めましょう。

祭壇の用意と設置は葬儀社が行ってくれますが、一度設置すると葬儀が終わるまで動かすことができません。
部屋のどこに置くか慎重に考え、葬儀に必要なものが祭壇一のうしろにならないよう気をつけましょう。

供物、供花の並べ方の確認

供物や供花は、近親者から届いたものは故人との血縁の濃い順に、

友人や知人、仕事関係者などからのものは関係が深い順に、

棺に近いところから祭壇の両側に並べるのが一般的です。

また屋外に並べる花輪も、玄関に近いところを上位とし、関係の深い順に並べます。

届いた花輪が多いと道路にも並べなくてはならないので、その場合は近隣にひと言断っておくようにしましょう。
実際に供物や供花を並べるのは葬儀社や世話役の人たちですが、並べる順序については必ず喪主がチェックする必要があります。

供花

外回りの整備

●受付係

弔問客の受付をする一受付台を、玄関前か庭先、門の外などに設置します。
受付台には弔問客の記帳簿、香典帳、筆記用具、名刺受けなどをおきます。
人数によっては、コート類を預かる合札などが必要になります。
●式場係

最寄り駅などから会場へ導く案内状をはったり、看板を立てたりしますが、喪家がわかりにくいところにあるときなどは、駅の改札口や道筋に立って弔問客の道案内もします。

●車両係

駐車場の確保や車両の誘導をします。
マイカーで弔問や会葬に来られる方のために、近くに駐車家場や空き地があれば事情を話して、その時間だけ借りるようお願いするとよいでしょう。
付近での駐車が不可能なときには、死亡通知にそのことを断っておきましょうo

席次と焼香の順序

通夜のときの席順は棺に最も近い席が上座になります。
本来、喪主が棺に最も近い位置に座る以外は厳密な決まりはありません。
一般的には、祭壇に向かって右側に喪主、遺族、近親者が血縁の濃い順に座ります。
左側には世話役代表、友人、職場関係者が座ります。
そのほかの一般弔問客は来た順に座るのが普通です。
ただし、社葬や団体葬以外の個人の葬儀では、遺族が左に並ぶこともあります。
僧侶の読経が始まってしまった場合は、親族といえども末席に座るようにします。
焼香の順序には特に決まりはありませんが、基本的には席次の順に行います。
ですから喪主を始めに、遺族、近親者、世話役、友人などから焼香をすませます。
また、現代では子供が独立していた場合、その子供の家族単位で焼香を済ませます。
たとえば、喪主が最初に焼香をし、次に長男とその妻、そしてその子供達と続き、その後に次男夫妻、三男夫婦となります。
その後の焼香は一般会葬者と続きます。

心づけの準備

最近では心づけをする事は少なくはなりました。

参考までに。

葬儀の当日は書葬儀の式場や火葬場の係員、火葬場への送迎ハイヤーや霊枢車、マイクロバスの運転手などに「心づけ」を渡すことが慣習となっています。
ただし、公営の火葬場では受け取ることが禁じられているので渡しません。
通夜が始まると遺族が自由に動ける時間は非常に少なくなりますのでこれらはなるべく通夜前に準備しましょう。
心づけの相場は地域や葬儀の規模によることが多いので、分からない場合は事前に葬儀社に聞いておきます。
目安として3000~5000円程度のお札を半紙で包むか、白封筒や市販の小型の不祝儀袋に入れておきましょう。

 

通夜前の弔問客への対応

通夜の前にも弔問客は出入りします。
あわただしい中、接待の準備ができていないこともあるでしょうから、お茶などを出さなくても失礼にはあたりません。
また、故人と対面してほしい人は奥へ招き入れ、遺族のほうから申し出て、故人の顔を見ていただきましょう。
もし弔問客のほうから対面の申し出があった場合は喪主が判断すればよいでしょう。
遺族はたとえ弔問客が目上の人であっても、出迎えや見送りはしないのがしきたりです。
遺族はすべての弔問客に等しく接するのが礼儀であり死に触れた減れた身をつつしむという意味でもあります。
弔問客の接待などはすべてを世話役に任せ、玄関先で帰る弔問客にも世話役に対応してもらいます。
また、通夜の準備の期間、遺族や世話役は地味な平服を着用します。
一般的には男性は黒い腕章、女性は白黒の小さなリボンを胸につけます。

仮通夜とは

死亡した時間が深夜で通夜に弔問客を招く準備ができないときや、死亡日から通夜まで日にちが開く場合など、次の日以降に通夜を行う際には、近親者だけで仮通夜を行うことがあります。
本来なら仮とはいっても、僧侶を招き、読経してもらうのですが、最近は省略することも多くなっています。
身内などの内輪だけで行うので、正式な喪服も必要ありません。
弔問客を招くわけではないので、通夜ぶるまいの用意もいりません。
自宅で仮通夜を行う場合には、遺体を納棺せずに、枕飾りを置いたままの場合もあります。
僧侶を招かないときは、読経のできる親族が僧侶の代わりを務め、お経をあげることがあります。
もし僧侶を招いた場合には、読経の後にお礼を述べて、「御車代」を渡すことを忘れないようにしましょう。
仮通夜を行った場合は、仮通夜に対して葬儀の前日に行う通夜を本通夜といいます。

 

お逮夜とは

お逮夜とは通夜、葬儀や法要の前日を示す言葉です。
「逮」の字は「およぶ」という意味ですので、逮夜とは「次の日に及ぶ夜」という意味になります。
元々は火葬の前日である、通夜にあたる日のことでした。
故人と会える最後の時という意味から「お大夜」となり、上で述べた意味も含めてお逮夜となりました。
仏教において、昔は忌明けまでの7日ごとの法要の日と、お逮夜であるその前日に法要を行なっていました。
現在ではその通り行うことは非常に困難ですので、四十九日法要を行なうのが一般的です。
現在では回忌法要の日にちを、命日近くの土日など休日に執り行うことが増えている為、法要の前日という意味でのお逮夜という言葉はあまり使われません。