葬儀事務の引き継ぎ

世話役や手伝いの人たちに任せた葬儀事務は、なるべく早めに、できれば精進落としを終えたあとに引き継ぎます。

葬儀後に引き継ぐもの

①香典
②香典帳、供物・供花の記録帳
③弔辞・弔電
④会葬者芳名帳、名刺
⑤出納帳、領収書、残金

世話役などに立て替え払いをしてもらっている場合は、できるだけ早く精算します。

葬儀費用の支払い

葬儀費用は大きく分けて業者への支払い、寺院などへのお礼、飲食代の3つになります。

①葬儀社

通常、葬儀の数日後に葬儀社から請求書が届きます。
届いたら、先に一受け取っている見積書と照らし合わせて、内容を確認してから支払いましょう。
銀行から振り込んだ場合の控えは必ず取っておきます。

②寺院・神社などへのお礼

僧侶や神職、牧師などへのお礼は、あいさつ回りの際に持参するのが正式とされていますが、最近では葬儀当日に渡すことが多くなっています。

③飲食代

通夜ぶるまいや精進落としの際の飲食代は、注文時に前払いとして支払う、配達時に支払う、後日集金や請求書によって支払うなどの場合があります。
業者に食器などを借りたときは、その費用が必要なこともあります。

 

保管しておくものチェック・リスト

葬儀費用は相続税の控除の対象になります。
見積書や明細書、請求書、領収書などの書類はまとめて保管しておきましょう。
領収書がないときは、出納帳に日付けと金額、支払先を明記しておきます。
ただし、香典返し、墓地整備や買い入れ費用、仏具代、初七日・四十九日法要費用、遣体解剖費用などは葬儀費用とは別の扱いになります。

 

口葬祭業者からの見積書、明細書、請求書、領収書
口寺社などへの謝礼の領収書(御車代なども含む
口飲食代の請求書、領収書
口業者に渡した心づけの記録

%e8%91%ac%e5%84%80%e8%b2%bb%e7%94%a8

臨海斎場 葬儀