保険金は請求しなければ受け取れない

生命保険には生命保険会社の「生命保険」のほか郵便局の「簡易保険」、勤務先での「団体生命保険」などがあります。
親が加入していれば保険給付の請求をすることになります。
生命保険に入っているかどうか、生前に聞いておくと、請求もれが防げます。
どの生命保険も請求の手続きをしなければ、自動的E受け取れるものではないため注意が必要です。
死亡保険金は遣親の死亡日から2ヵ月以内に生命保険会社に電話で連絡し、手続きをします。
また、死亡保険金は死亡後2年以内(3年以内と定められている保険会社もある)に請求しないと受ける権利がなくなってしまうため早めに請求しましょう。
勤務先での「団体生命保険」は受取人が会社になっている場合があるので勤務先に確認します。

 

保険金に税金がかかる場合がある

保険金は受取人と保険料負担者によって「相続税」、「所得税」、「贈与税」がかかる場合があります。
ただし受取人が相続人のときは相続税に非課税の適用があります。
保険契約から1年以内に自殺したときや、契約時に病歴・健康状態を偽って報告したときなどは保険金が下りない場合があります。
必要書類をそろえて提出しますが、問題がなければ約1週間で保険金が銀行口座に振り込まれます。

 

8d9ab95599e98d2655ec7786fd4e753d

a9b3c735f76d175609b6a8e35b59790e