葬儀の規模と斎場の大きさは密接につながっています。

葬儀の規模を決める

規模とは、葬儀の大きさのことです。
葬儀の大きさは参列する人数で決まります。
参列者の人数が多いと、当然規模も大きくなります。
斎場も大きくなり、斎場の大きさにあわせた祭壇を用意するなど、費用はどんどんかさんでいきます。
参列者の人数は、葬儀を知らせる範囲を絞り込むことでコントロールできます。
下の図を見て、葬儀を知らせる範囲をどこで区切るかをしっかり決めてください。
お付き合いの有無は、年賀状のやり取りを参考にするとわかりやすくなります。

▼葬儀の場所

葬儀の場所とは、通夜・告別式を行う所を指しますが、もう一つ葬儀まで遺体を安置しておく場所も考えなくてはなりません。

▼遺体の安置場所

現在々8割以上の人か病院で亡くなっています。
その病院からどこに遺体を運ぶかを決めなければなりません。
遺体安置のおもな場所は、

・自宅

・斎場

・葬儀社

・安置専用施設

などですが、可能なら自宅へ搬送するのが一般的です。
集合住宅などでスペースや動線に不安があるときは、事前に依頼したい葬儀社に相談をして自宅の動線を見てもらっておくと安心です。
病院に入っている葬儀社から「遺体をとりあえずわが社の安置施設へ搬送しますか?」と切り出されたら、きちんと話を聞き、葬儀依頼をすることになった時点で初めてお願いをします。
まだ、話し合いも決定もしていない時点での搬送は葬儀社を変更できなくなるので絶対に避けましょう。

葬儀場所の決定

葬儀の場所は大きく「自宅」か「自宅以外」かに分けられます。
ただし自宅でお葬式を出す人は年々減少しています。
東京都を例にあげると、ある調査では自宅利用が42%を占めていたのに対し、別の調査では11.3%に激減しています。
これは都市部を中心に全国的に見られる傾向です。

▼自宅葬の場合

斎場を借りる費用はかかりませんが、祭壇を飾る部屋の片付け、会葬者の動線確保、ご近所への挨拶や気づかいなど、お金がかからない分、遺族側の負担が大きくなります。

▼斎場の種類

自宅以外となるとほとんどが斎場を利用します。
斎場の種類は大きく5つに分けられます(下表参照)。

このほかの選び方としては、「会葬者がどこから来るか」も考慮しておく必要があります。
遠方からの方が多い場合は交通の便がよい所を選びます。
近所の方が多いときは自宅近くの斎場で、密葬など葬儀を知られたくないときは遠い斎場で安置、葬儀を行うなどします。
ちなみに斎場は混みあう場合がありますので第2希望まで考えておきましょう。

斎場の種類 と特徴

 

種類 特徴 注意点
公営斎場 自治体で運営しているため、住民は安価で利用でき吾 予約がすぐに埋まり、常に混み合っている。一週間待つことも
民営斎場 施設がきれいで設備も整っている傾向。利用料が高額 比較的空いている
寺院斎場 寺院が運営しているため、利用できる宗教・宗派が制限されることも 料金など事前の確認が必要
葬儀社斎場 葬儀社が自社で持っている斎場。その葬儀社しか使えないことが多い 貸し斎場に比べ、いろいろと融通がきく場合も多い
火葬場併設斎場 火葬場と斎場が同じ敷地内に併設されているため、霊柩車など移動費用か‘ない

公営・民営両方あるが、常に混み合う傾向にある

臨海斎場はこれにあたります

 

臨海斎場