通夜祭と遷霊祭を行う

神式の通夜では、「通夜祭」と「遷霊祭」が行われます。
通夜祭では、神職が僕(お供え)を供えたり、祭詞を奉上するなどの祭事が執り行われます。
続いて、・喪主や遺族、弔問者の順で、仏式たまくしはうてんの焼香にあたる「玉串奉実」を行います。
遷霊祭は、「移霊祭」とも呼ばれ、故人の魂を仏式の位牌にあたる斗霊璽」に移す儀式です。
魂を移した霊璽は、祭壇に安置した仮みたまや霊舎に納めて拝礼します。
神道では、この儀式を行うことで、故人の霊が家の守護神になるとされています。

遷霊祭がすんだら、通夜振舞いにあたる『直会』(なおらい)を行います。

神道では、喪家は火を使わないことになっているので、仕出し料理などを頼むのが一般的です。

仏式の葬儀にあたる葬場祭

神式の葬儀は、「神葬祭」と呼ばれ、「納捕の儀」から「出棺祭」「火葬祭」「埋葬祭」など、さまざまな儀式があります。
その中で仏式のお葬式にあたるのが「葬場祭」です。
神道では、「神様は死を嫌う」とされているため、聖域である神社ではなく自宅か斎場で行うのが一般的です。
進め方は、その地方や神社によって異なりますが、だいたいの流れは左の式次第のとおりです。
なお、神式の祭事の前には身のけがちょうず械れを水で浄める「手水の儀」を行います。
受付などに、参列者が使用する水を入れた桶、ひしゃく、懐紙の用意をします。

葬場祭の式次第例

1:遺族・近親書など参列者着席
手水の儀をすませてから、案内に従って着席。
2:斎主(神主)入場
斎主が入場してきたら、参列者は一礼をして迎える。

3:閉式の辞
司会・進行役による聞式のことば。
4:修械の儀
斎主が、斎場や供物、参列者を服い浄める。一同起立。

5:献餓
祭員が持議(神の食べ物)や語講を供え、奉楽を奏でる。
6:祭詞奏上
斎主が祭詞を奏上。故人の魂が安らかであり、遺族を見守るよう祈願。
7:弔辞・弔電
8:玉串泰襲
斎主の玉串奉莫がすんだら、喪主、遺族、参列者の順で玉串を霊前に捧げる。

9:斎主退場
参列者一同は礼をして見送る。
10:遺族代表のあいさつ
11:閉式の辞
12:出棺祭
斎場や自宅から棺が出るのを見送る。

※出棺祭のあと、家などを祓い清める「後祓いの儀」、火葬場で祭詞を奉上する「火葬祭」、
埋葬を執り行うときの[埋葬祭」が行われる

shinshiki

よくあるQ&A

Q
会葬者には、神式の儀式に慣れていない人も多いと思いますがどうすればよいでしょう。

A

神式は初めてという会葬者のために、式次第とあわせて、「手水の儀」や「玉串奉莫」などの作法をのせたプリントを用意するのも一案です。

1:霊璽

霊璽は桜、ケヤキ、ヒノキなどの白木でつくられ、故人の名前と生年月日を書きます。

遷霊祭では家の明かりを消して、斎主が、霊璽を故人のほうに向けて遷霊詞を唱えて魂を移します。

2:直会

直会とは、神に供えた酒や供物を祭典終了後に下げて、祭典にかかわった人たちで食べることをいいました。

今では、神事のあとに行われる宴をさします。

 

Q

一葬場祭の会葬者の席次に決まりはありますか。

 

A

仏式の場合と同じように、祭壇に向かって右側が喪主、遺族、近親者で、左側が友人、知人、一般会葬者です。

soujyou_sai

臨海斎場