『終活』は見たまま一生涯の終わりの活動であり、人生のラストを格段に上位にすべく事前に予定しておくべきといった活動を指します。
ただし昨今では火葬のみとか家族葬を選択する遺族も増加傾向にありますのでこの世の最後は、自宅を希望される人も増加中です。
住まいで内輪だけの法要をされる場合戒名ではなくお亡くなりになった方の名前のほうが心に残るのであればそれはそれとして問題ないのでは、無いんじゃないかと思います。
幼稚園の時に父親を亡失したから仏事は弱くて、はたまな話を聞く親族もいないので、五十回忌といってもどうすればいいのか分からないと思います。
さらに臨海斎場 式場への宿泊が容易じゃない場合、遠くからの参列者のホテルの手配をしたり、貸衣装や色直しなど、仏事では何かと予定外のいざこざが起きます。

この日まで葬祭関連を中継ぎに寺院と民間人は何とか繋がりを持ってきたが、その葬儀においても、宗教離れが始まった。
終活と言われるのは次の生き方を『悔いのないように生きたいか』と言われる望みを実現すること、余生の終わりに向かって行動的に用意することで、役立つ生きていく行動です。
後飾り壇は葬儀が終わって祭壇をしまった後に遺影写真・遺骨・ご位牌と言われるものを法事まで自宅に安置してお祀りする祭壇を後飾り祭壇と言います。
俺らしい晩年を迎えるためにお婆ちゃんが怪我や事件で健康を損ねたり出来事で意思表明出来なくなっても落日までおばあちゃんの意向を重んじた治療します。
悔いを残さない葬式だったと思えるためにもうっすらで問題ないのでこういう感じのお葬式にしたいなぁ、という想像を、することが大事なことになるでしょう。

記念スペースに足を進めた参加者の方たちがご主人の○○さんはお酒好きでよく召し上がっていたなぁ、と話されるのを聞いて、奥様は驚きました。
被葬者の気持ちを受けて親族だけで葬式を完了したところ葬儀に参加出来なかった方々が、お参りに足しげく我が家に、訪問されています。
葬儀屋とは葬儀に絶対不可欠な手配を貰い葬儀を行う役目を、担う仕事を行う会社で、葬儀を執り行う仕事や、それに従事する人の事を指します。
往年は通夜は故人の近い関係の人が一晩中仏に付き添うというのが一般的でしたが、先刻は関係者をお迎えして通夜を施し、2時間程度で完了するのが大衆的です。
家族や親族へのメッセージを通知する手紙として、そして本人のための考え要約帳面として、世代に縛られず簡単に書き込む事が期待出来る、生計の中でも有益なノートです。