末期の水の取り方

臨終を告げられると、集まってい土隼つこる近親者が血縁の濃い順に「末期のみず水」をとります。
末期の水は「死に水」ともいい、死者が生き返ることを願う気持ちと、あの世で渇きに苦しまないようにとの願いを込めた風習です。
本来、息を引き取るまぎわに行われるものでしたが、現在は臨終後に行われることがほとんどです。
また末期の水は仏式の儀式でしたが、現在はカトリック以外、宗教を問わず行われています。
一般的には割り箸の先に脱脂綿とガーゼを白糸でしばりつけたものや、新しい筆の穂先を茶碗の水に浸して軽く唇を湿らせます。
地方によしきみっては、格の葉や烏の羽根を使ったり、二枚貝の殻に水を入れて飲ませるところもあります。
病院で死亡した場合は、看護師が湿らせた脱脂綿を用意してくれますが、病院で行わずに自宅に戻ってあらためて行う場合も多いようです。

%e6%9c%ab%e6%9c%9f%e3%81%ae%e6%b0%b4

清拭と湯潅

一般的な清拭

末期の水の後は、故人の最後の姿を清らかにするために遺体を清めまゆかんす。
これを「湯潅」といい、故人の現世での苦しみや迷いを遺族によって洗い清める、という意味があります。
かつては「さかさ水」(たらいに先に水を入れ、後から湯を注いでつくるぬるま湯)で全身を洗い清めましたが、現在ではガーゼや脱脂綿をアルコールに浸して全身を軽くふくせいしき「清拭」が一般的です。
遺体を清めたら、耳、鼻、口、収門などに脱脂綿を詰めます。
遺体の目が開いているときは、まぶたをそっとなでて閉じ、口が開いていたら下あごから支えて閉じます。
こういった処置は、病院で亡くなった場合は看護師が、自宅で死亡したときは葬儀社が行うことが普通になりました。
しかし故人に対して家族が行う最後の世話でもあるので、手伝いたい場合は遠慮せずに申し出ましょう。
病院ではアルコールによる清拭後、浴衣に着替えさせることが多いようですが、生前に本人が希望していた服がある場合には事前に用意しておき、その服を着せてあげるようにしましょう。

 

湯潅の今

最近は自宅や斎場で納棺する前に、湯潅を行ってくれる葬儀社や専門の業者も多くあります。
自宅で行う場合、介護バスのような湯潅用バスタブを運び込み、故人の全身を丁寧に洗い清め、洗髪もしてくれます。
爪切りや死化粧を施してくれることもあるので、遺髪や遣爪を残したい場合は、このときにとっておくようにしましょう。
この作業は家族が手伝うこともできます。
湯潅後は故人の顔もやわらぎ、特に故人が長期間、入院してお風呂に入ることができなかった場合などは「きれいな体で旅立たせてあげられる」と、家族には喜ばれています。

湯灌

 

日本でのエンバーミング

エンバーミング(遺体衛生保全)とは、長期の闘病生活などによって失われた故人の元気なころのおもかげを取り戻したり、事故で損傷した傷痕をきれいに修復した上で、防腐・防疫処理を施す科学的な遺体処理技術のことです。
日本ではまだ一般的ではなく施設も叩数カ所と少ないですが、故人と直接対面してお別れをする習慣があるアメリカやョ-ロッパなどの国々では特別な宗派を除いて昔から広く普及しており、高い技術の専門のエンバーマーが活躍しています。
安らかな表情を取り戻した故人と時間をかけてお別れをすることで、遺族の心のケアにもつながると注目を集めています。

 

キリスト教式の遺体の清め方

カトリックの場合

亡くなった後は遺体を清め、死化粧を施し、着替えさせます。
仏式と違い、キリスト教式では死装束のしきたりはありません。
胸の上で手を組ませ、故人が愛用していたロザリオを持たせます。
納棺は通夜の前に行う場合と、通夜の後に行う場合がありますが、前者が一般的です。
納棺の前には遺体を遺族、近親者が囲み、神父が納棺の言葉を捧げます。
聖書の朗読、聖歌斉唱、祈りと続き、遺族の手で遺体を棺に納め、遺体のまわりを白い花で埋め、祭壇に安置します。
カトリックでは通夜のしきたりは特になく、「棺前祈祷式」「通夜の集い」「通夜の祈り」として、自宅や教会で神父とともに祈りを捧げます。
遺体を安置した部屋に小机を置き、遺影、十字架、燭台1組、香、聖水、生花などを神父の指示によって飾りつけます蓬その後毒参列者一同が聖歌を斉唱し、神父の聖書朗読・説教と続いた後、全員で祈り、献香や献花をして終わります。

プロテスタントの場合

医師から臨終を告げられたら、家族は末期の水を含ませ、遺体を清め、死化粧を施します。
カトリックの場合と同じく遺体に着せる服装は自由ですので、故人の愛用していた服などを着せて安置します。
納棺は死亡当日、もしくは翌日に行われ、牧師が立ち会います。
牧師が故人の枕元で祈りを捧げるなか、遺体を遺族の手で棺に納めます。
遺体のまわりを白い花で埋め、棺のふたをしたら上から黒い布でおおい、通夜にあたる「前夜式」を行う部屋に安置します。
近くの小机に遺影と白い花などを供えます。
遺族一同で賛美歌を斉唱し、聖書朗読の後、祈りを捧げ、牧師に納棺の辞をいただきます。
再び一同で賛美歌を斉唱し、最後に祈りを捧げて終わります。

キリスト教葬儀