仏名は必要か

「仏名」は仏の弟子になったことを意味してつけられる名前で、本来は生きている間につけてもらうものでした。
仏教では、亡くなると人は仏の弟子になるとされ、仏名をつけるのです。
仏名は宗派によってよび方が違い、天台宗、真言宗、曹洞宗などでは「戒名」、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」とよびます。
仏名は死後すぐに菩提寺の僧侶に依頼して、できれば葬儀までに、遅くとも納骨までにはつけてもらい、白木の位牌に書いてもらいます。
なお、位牌は各宗派によって書き方が異なり、また浄土真宗は位牌自体を使用しません。

菩提寺か遠方にあり書葬儀は別の寺院に依頼する場合も、仏名は菩提寺に依頼します。
菩提寺や宗派がわからない場合は、俗名(生前の名前)のまま葬儀をすませて、後で菩提寺や宗派を確認してつけてもらうことになります。
菩提寺に相談せず勝手に仏名をつけると“菩提寺のお墓に納骨を受け入れてもらえないこともあるので注意が必要です。

戒名

法名

法号

トラブル例

良心的な葬儀社だったら、最初に「菩提寺はあるのか?」「宗派は何宗か?」「納骨はどうするのか?」「わからない場合は親戚に聞いてみてはどうか?」など、こと細かに聞いてくれるものです。
というのも「仏名をいただく」ということは「いただいたお寺と、菩提寺・檀家のお付き合いをする」という重要な意味がふくまれているものだからなのです。
たとえば菩提寺が遠方で、親族ともあまり付き合いがなく詳細がわからない場合、とりあえず葬儀社にお葬式のための住職を紹介してもらうケースがありますが、そのときに読経だけでなく仏名までお願いしてしまうと、後日納骨をするお墓を管理しているお寺からも新たに仏名をもらうことになり、二重の出費になるというトラブルも考えられます。

絶対に必要ではない

今後震お付き合いをするお寺かまぞくふようだ決まっていない場合は、「俗名」といって生前の名前でお経を読んでもらうこともできます。
仏名は「お葬式のときに絶対必要なもの」ではありません。
無理につけて、後で後悔することのないようにしましょう。

仏名の構成

仏名はもともと2文字だけで構成されており、仏の世界では身分の上下がなく、すべて平等であることを示したものでした。
次第に社会的貢献度や信仰心のあつさなどに対して院号や道号、性別や大人か子供かを区別する位号などが加わり、現在のような長さになりました。
宗派によって多少の違いはありますが、一般的には次のような構成になっています。
(カッコ内は女性)

●大人
□□○○信士(信女)
△△院□□○○居士(大姉)
△△院殿□□○○大居士(清大姉)

●子供(7〜旧歳くらい)
○○童子(童女)

●幼児
○○咳子(核女)

 

仏名を受ける際に気をつけておくべきこと

お布施の相場

よく日本人は無宗教といわれていますが、お葬式となると話は別になり、僧侶を呼んで読経をしてもらう、いわゆる仏式を選択する人が大部分をしめています。
一方で、仏式の葬式の場合に遺族が悩んだり困ったりした問題の上位が、読経代や戒名代として納めるお布施の額と言われています。
お布施の額は、宗派の違いや仏名の種類、寺の格式や僧侶の考え方などによって異なり、明確な定めもないため、妥当な金額というものが不明確です。
一般的に「その人が負担できる金額でよい」といわれているものの、現実にはやはり相場は存在します。
宗派によって金額にばらつきはあるものの、普通仏名で15~30万円。
院号居士仏名になると、仏名のお布施だけで50~150万円。
院号より格上の院殿になると上限はないに等しく、芸能人や資産家では数千万円もの高額なお布施を出した例もあるそうです。
仏名の問題は、つきつめれば宗教観の問題です。
自分はどのような見送られ方をしたいか、じっくり考えて家族に希望を託すのもよいですし、自分の家に菩提寺がある場合は、墓参りなどで菩提寺を訪れた際にでも、住職と会って人柄や考え方を知っておくのもよいでしょう。
この際に思い切ってお布施の相場を聞いてみるのもよいかもしれません。
なお、葬儀のときに納めたお布施は、葬式費用として相続財産から控除することが可能です。
もし親族間でお布施に関する話題がでた場合はその証拠として、また高額の場合は税務署の調査を受けたときの対応策として、できれば領収書(収支のメモでも可)を残しておくと良いでしょう。

依頼する僧侶を知る

ひとえに僧侶といっても、さまさまな形態があります。
一般的には、僧侶といえば寺院に必ずいると考えがちですが、寺院に所属しないで活動している僧侶も存在します。
一般的に「寺なし」や、「葬儀専門」とよばれる僧侶がそれにあたります。
葬儀専門の僧侶は、布教活動などはせず、文字通りお葬式を専門に行う僧侶です。
格安で読経をしてくれる場合もあります。
また、「寺なし」とは、地方に本寺院があって、自宅を別院として布教活動を行ってる僧侶のことです。
会社でいう支店のようなものでしょうか。
身元が確かな僧侶の場合が多いです。

どちらの場合もメリットは一お布施の負担額が少ない」、「永続的な付き合いを強要されない」などがあります。
一方デメリットとして、寺院墓地に入る場合は、仏名をお願いすることができないなどがあります。
これは、寺院墓地を保有する寺院は、自らがつけた仏名でないと受け入れを拒否する場合があるためです。
都市部で生活している人の多くは、菩提寺との関係が薄くなる、もしくはまったく途絶えるということも珍しくありません屡頼める菩提寺がない、もしくはわからない場合は、葬儀社に相談してみて、遺族の希望にあった僧侶を選択するのもよいで1しし生話ヘノ○寺院墓地に入る選択をしていない場合などは、比較的費用をかけずに弔事を営めるかもしれません。
大事なのは遺族側が、依頼した僧侶が「どこの」、「どのような」人であるかときちんと把握していることです。
葬儀社に任せきりにしたために、仏名のつけ直しなど、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。

仏教以外の場合

お葬式で見かけることが多いからでしょうか。
仏名を死者の名前だと誤解している人をよく見かけます。
しかし、仏名とはもともとは生きている、いないにかかわらずつけることができる仏の弟子としての名前です。
一方、神式には霊号というものがあります。
神式の考えでは、親からつけられた名前のまま神々の世界に旅立つとされています。
仏れいじ式の位牌にあたる霊璽には、神主がつけてくれた霊号を入れます。
基本的に霊号は、現世の名前に大君うし人の男性であるなら「大人」、女性とじであるなら「刀自」とつけ、最後に「○○之霊」や「○○霊位」、みこと「○○命」をつけます。
たとえば女とじのみこと性なら「○○刀自命」となります。
またキリスト教には洗礼名がありますので、その名前をお墓に刻むことがあります。