宗派や教会により異なる儀式

キリスト教の葬儀は、故人が神のもとに召されるように祈ることが中心です。
葬儀の準備や進め方は、宗派や教会によって異なるので、教会の指示に従います。
キリスト教式では通夜ぶるまいの習慣はありませんが、軽食や菓子などで、神父や牧師、親しい人とともに茶話会が行われることがあります。

 

通夜の執り行い方

「通夜の祈リ」を行うカトリック

カトリックでは、遺族や友人が自宅や教会に集まり、神父とともに「通夜の祈り」を行います。
遺体を安置した部屋に、遺影や十字架、生花などを飾った祭壇を設け、聖歌の斉唱、神父による聖書の朗読、説教が行われ、参列者全員が献花をして終わります。

「前夜祭」を行うプロテスタント

プロテスタントの通夜は、故人を棺に納める納棺式のあとに引き続いて「前夜祭」として行われるのが一般的です。
棺のある部屋に質素な祭壇を設け、賛美歌の斉唱、聖書朗読、祈祷などを行います。
牧師による説教や、故人を偲ぶ話があり、献花をします。

キリスト教葬儀

葬儀の執り行い方

故人の永遠の安息を願うカトリック

「葬儀ミサ」は、故人が所属していた教会、あるいは自宅、斎場などで行い、故人の罪の許しを神に請い、安息を得られるように祈ります。
式次第は、棺を教会に安置する「開祭」、聖書の朗読や説教が行われる「言葉の典礼」、遺族が奉納したパンとぶどう酒によるミサ「感謝の典礼」、弔辞・弔電の招介、献花などを行う「告別・葬送」のように行われるのが一般的です。

神への感謝を伝えるプロテスタント

プロテスタントの葬儀の多くは教会で営まれますが、自宅などでも行います。
聖書の朗読と賛美歌の斉唱、祈りが主な内容です。
祈祷は故人の冥福を祈るためではなく、神への感謝の意を伝え、遺族をなぐさめるために捧げられるものです。

プロテスタントの葬儀式次第例

1:奏楽
オルガンの演奏。遺族と棺の入場がある場合は、一同起立して迎える。

2:聖書朗読

3:賀美歌斉唱

4:祈祷

5:説教
最初に故人の略歴を紹介することもある。

6:祈祷

7:賀美歌斉唱

8:編語
遺族と参列者一同に神の祝福が
あるように祈る。

9奏楽

10:告別式
故人に向けてではなく、遺族に
弔辞が読まれる。献花のあと遺
族のあいさつを行うこともある。

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e6%95%99%e8%91%ac%e5%84%802

よくあるQ&A

Q

信者ではなくても、教会で葬儀を行うことはできますか?

A

プロテスタントの教会ならほとんどの場合、受けてくれます。
準備、式次第などは、教会のやり方に従います。
カトリックの教会では、信者と、その家族を対象としているので行わないのが一般的でしたが、最近は行ってくれる教会も出てきました。
どこに問い合わせればよいのかわからないときは、葬儀社に相談してみてください。

 

Q

教会へのお礼の表書きは何とすればよいですか。

A

教会式の場合には、「御礼」や「謝礼」「献金」などとすることが多いです。

カトリック系なら「御ミサ料」でもよいでしょう。

香典袋は、蓮の花の印刷のないものにします。

白封筒で代用できます。

また、謝礼の金額などが決まっていない教会がありますので、事前に神父や牧師に相談しましょう。