通夜の弔問がふえている

通夜は、亡くなった人をしのんで遺族、親族や知人、友人などが集まり、遺体のかたわらで夜通し死者を守るものです。
しかし、最近の都市部では、僧侶の読経に始まり、そのあと弔問客が焼香をするという形がほとんどです。
通夜の式次第は、宗教や地域などにより異なりますが、一般的には午後六時くらいから始まり、約二時間で終了します。
日中に行われることの多い葬儀・告別式と異なり、仕事を終えてから駆けつけることができるので、最近は、通夜のみに参列する弔問客がふえる仰両にあります

通夜ぷるまいの前後であいさつをする

通夜では、喪主側が式のあとに消めと供養のために酒と軽い食事を用意して弔問客を接待します。
通夜ぶるまいと呼ばれる席です。
料理は、かつては生ぐさものを避けて、精進料理に限られていましたが、最近ではあまりこだわらず、刺し身やすし、それに煮物やサンドイッチなど簡単につまめるものでもてなします。
この接待の前とお聞きの際に、あいさつをします。

喪主あいさつ

神式は通夜祭を行う

神式では通夜祭といって仏式と同じように葬儀・告別式の前夜に遺族や近親者が集まり、故人をしのびながら夜通し、その霊を守ります。
神官による献饌、祭祀奉上、誄歌奏上などを行、玉串奉奠が行われます。
遷霊祭で霊璽に魂を移したあと、直会で弔問客をもてなします。

キリスト教式の通夜

プロテスタントでは前夜式を行います。
祭壇はあまり飾らず、遺影と白い生花でととのえます。
粕を小女m幽した部屋で辿族や親族、友人、信者などが着席後、牧師の前夜式宣告で始まり、賛美歌斉唱や祈鵡で進行し、献花を行います。
カトリyクは、献花のかわりに粕に型水をかけ、香をたき、献香する場合もあります。
プロテスタントもカトリックも終了後に牧師や神父、参列者を軽食や茶菓でもてなします。

通夜ぶるまい前には、お礼と席へのお誘い

通夜のあいさつは、通夜ぶるまいの前と終了時に行われるのがふつうです。
まず、接待の席に先立って、喪主が弔問客にお礼のあいさつをします。
親族や世話人があいさつをしてもかまいません。
通夜ぶるまい前のあいさつは、弔問していただいたことへのお礼、死去の報告、最期の様子、生前のエピソード、厚誼に対する感謝を述べ、通夜ぶるまいの席へのお誘い、翌日の葬儀の案内をするという構成が一般的です。
簡単にすませたいときは、最期の様子や生前のエピソードは省きます。
痛ましい最期であったり、若くして亡くなった場合、突然の不慮の死などの場合は死亡の経過についてはふれなくてもかまいません。
平易な言葉で、時間は一、二分、文字にして三百~五百字にまとめ、ゆっくりと聞をとって落ち着いて話します。
笑顔は避けます。

終了時は、お礼と葬儀・告別式の案内

通夜ぶるまい終了のあいさつは午後九時から十時ごろ、予定の時間が近づいたころを見はからって喪主、親族、世話役のいずれかが手短に行います。
弔問への感謝、お聞きの時間であることを述べ、葬儀・告別式の案内、帰途につく弔問客への心配りの言葉で結びます。
通夜ぶるまいが終わったときも喪主は弔問客を見送らないのがしきたりです。
「お送りしてはいけないことになっていますので、ここで失礼させていただきます」と述べるとよいでしょう。

通夜ぷるまいをしない場合は

通夜ぶるまいはしなくてはいけないものではありません。
親族などごく内輪だけに限り、一般の弔問客はお焼香だけでお引きとりいただく場合は、その旨の断りのあいさつをしましょう。

 

通夜ぶるまい前のあいさつ

喪主の挨拶例1

本日は、お忙しい中を、父・小林寛の通夜にお集まりいただき、ありがとうございます。
故人もさぞかし喜んでいることと思います。
父は昨日、午前五時四十分、OO病院にて、肺炎のため亡くなりました。
享年八十歳でした。
五年前に母に先立たれたあと、私ども一家と過ごしてまいりましたが、昨年来、体力が衰えて床につくことが多くなり、一週間ほど前からの肺炎で帰らぬ人となりました。
三人の孫に固まれて、楽しそうにしていたのがせめてもの慰めでございます。
生前のご厚誼に対しまして心から厚くお礼申し上げます。
ささやかではございますが、あちらに、おもてなしの用意をさせていただきました。
故人の供養のためにもどうぞ召し上がっていただきたいと存じます。
なお、葬儀・告別式は明日午後一時よりA斎場にて執り行います。
ぜひご参列いただきたいと存じます。

喪主の挨拶例2

本日は、雨の中を母・幸子のためにお越しいただき、ご丁重なお悔やみを頂戴いたしまして心からお礼申し上げます。
長男の明でございます。
母は、昨日、午後十時二十五分、私ども兄弟が見守る中、静かに息を引きとりました。
母ががんに気づいて、一年の闘病生活でした。
享年六十八歳でした。
元気なころはボランティアグルlプの皆様と毎年、海外旅行へ出かけ、写真をたくさん慌ってきでは楽しい旅の様子を私たちに話してくれました。
父亡きあとも元気に過ごすことのできた母は幸せな人生であったと思います。
これもひとえに皆様方、よきお友達のお力添えがあったからこそと感謝しております。
あちらの部屋に心ばかりの席を設けてございます。
どうぞお時間の許す限り、母をしのんでやっていただけましたら、幸いでございます。
葬儀・告別式は明日、午前十一時からB斎場にて行います。
ご参列いただければ聞もさぞ喜ぶことと思います。
本日はほんとうにありがとうございました。

喪主の挨拶例3

故人の妻にかわって

本日はお忙しい中を、このように多くの方々にお越しいただきまして、まことにありがとうございました。
私は故人・上田裕孝のいとこの吉田邦夫と申します。
あいにく喪主にあたります、故人の妻、上田和美が体調をくずしておりますので、私からごあいさつさせていただきます。
上田裕孝は昨日の午前三時十三分、肝硬変のため、OO病院で亡くなりました。
享年四十一蔵でした。
私と故人とは幼いときからのよい相棒で、勉強も遊びもいつもいっしょでした。
中学生の子ども二人を残しての他界ですので、さぞ心残りであったことと思います。
職場の皆様にはご迷地γ乞おかけすることになってしまいました。
残した仕事をよろしくお願いいたします。
生前にいただいた皆様からのあたたかいお心づかいには、故人にかわりまして厚くお礼申し上げます。
ささやかではありますが、酒肴の席をととのえさせていただきました。
故人をしのびながらお過ごしいただければと存じます。

喪主の挨拶例4

故人の活躍をたたえて

本日はお忙しい中、OO市OO川自治会会長、故・丸岡伸一殿の通夜にご参列いただきまして、まことにありがとうございました。
私は世話役代表を務めます、自治会副会長の島田貴郎と申します。
ご親族の皆様にかわりまして心よりお礼申し上げます。
丸岡仲一殿は今年三月より00病院で療養をしておられましたが、容態が急変し、九月十日午後三時十八分、ご家族に見守られる中、安らかな眠りにつかれました。
享年、七十二歳でございました。
丸岡殿は、会社退職後、その経験を生かして自治会活動に邁進され、私たち住民の快適な生活づくりのためにご尽力くださいました。
皆様からのお力添えを故人にかわりお礼申し上げますとともに、ご親族へのご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
簡単ではございますが、あちらにお食事を用意しております。
どうぞごゆっくり召し上がってください。
なお、葬儀・告別式は明日、午前十時から当斎場にて執り行います。
ご会葬いただければ幸いでございます。
本日はまことにありがとうございました。

喪主の挨拶例5

本日は、お足元の悪い中を故・岸田健二君のご弔問にお運びくださいましてまことにありがとうございます。
私は故人の職場の上司にあたります加藤貴志でございます。
世話役を仰せつかり、ご遺族、ご親族の皆様にかわりましてごあいさつをさせていただきます。
岸田君は、一昨日の夜、出張先で事故に遭い、昨日の朝、逝去されました。
享年三十四歳でした。
公私ともにこれからというところの事故でした。
私たちも優秀な人材を失い、まことに残念でなりません。
故人には今年三歳になるご長男がおられます。
つきましては、今後とも変わらず、皆様からのご遺族へのご指導とご助力をお願いするしだいでございます。

葬儀・告別式は明日午後二時より、こちらの寺院で行います。お忙しいとは存じますが、お見送りくださいますようお願い申し上げます。
別室に、心ばかりではございますが、酒肴を用意いたしました。お召し上がりいただきながら、故人と最後のひとときをお過ごしいただければと存じます。